関東の覇者 後北条 3代目 氏康

1545年 またまた反北条大連合が成り今度こそ北条家消滅の危機にさらされる。
南からは武田・今川連合軍が河東を、北からは公方・上杉軍8万が河越城をと同時に攻め込んできたのである。
そもそも北の足利晴氏は同盟国であったが、上杉憲政が大連合計画を持ちかけ賛同してしまった。
この大国大連合に南北から挟み撃ち、それも同時と来たから今度こそ絶体絶命である。
この時、氏康は今川・武田連合軍と河東で対峙し交戦を繰り広げていたが、北の河越城にも大群が押し寄せ包囲しているという情報が入り進退窮まった。当然ここで河越へ向かえば今川・武田連合軍は勢いそのままに進軍して小田原城が危ない。
がしかし、このまま河越城を見捨てると、公方・上杉連合軍も勢いが付き一気に進軍し武蔵は陥落するであろう。
この時まさに奇跡が起こった!!
信濃村上義清が武田の背後をこの時ばかりと一大勢力を上げ進軍してきたのである。
武田信玄は帰国を急ぐあまり今川と北条の和睦を決定し、河東返還のみとしたのである。
偶然?にも助けられ南の安全を確保できた氏康は、すぐさま8000の兵を連れ北上し河越城へと向かった。
河越城では3000の兵が篭城しており、もはや時間の問題であったため、城を明け渡すと申し出たが、
連合軍はこれを拒否。もはや決戦あるのみとなった。
6か月に及ぶ篭城の間にもはや兵糧も尽き力尽きていた。氏康も何度も和睦の交渉を行ったが、そもそも10分の1にも満たない兵力では交渉にもならず、風前のともし火であった。
氏康は最後の賭けに出た。夜襲である。河越城から3000騎+8000騎で一気に討って出た。
包囲軍も大軍であったがゆえに油断していた。まず扇谷上杉朝定が戦死し、山内上杉憲政が敗走、足利晴氏も敗走し、空前絶後の大大勝利となったのである。
この戦いにより扇谷上杉家は滅亡した。また武蔵北部のほとんども北条家に服従となった。
1552年 北条氏康 上野を勢力圏に
上杉憲政 討伐に出る。上野領内の西上野衆が北条方に付いた事もあり、一気に優位となった。
また、平井城攻略の際、憲政の馬廻役が北条方に付き、憲政を城外へ追い出した事で憲政は敗走となった。
逃走の際、頼りにしていた足利長尾氏からも入城を拒否され、越後の長尾景虎を頼って落ち延びた。
上野全土も北条の勢力圏となった今、関東には北条に立ち向かえる勢力は無いと判断し、古河公方足利晴氏家督を子に譲り氏康に屈した。これにより何と下総までも北条の勢力圏となったのである。
1554年 今川義元が西の三河に進行中、その隙をついて氏康は駿河へ侵入した。これを知った武田信玄は同盟関係でもあったことから大軍を率いて氏康阻止へと動いた。
しかしこの大戦を善しとしない者がいた。今川軍の軍師大原雪斎である。
大原雪斎は今三国が争い共に戦力を失っていくことの不利益を説き和平調停を行った。
ここに甲・相・駿の三国同盟が成った。
1556年 氏康は結城政勝と提携する。下野西部から常陸南部まで拡大された。
1559年 氏康(45才)は 氏政(22才)に家督を譲る

関東の覇者 北条家 初代 北条早雲  2代目 北条氏綱

1493年 北条早雲 が堀越公方 足利茶々丸 を追放し伊豆を制圧した。
伊豆の西隣、駿河の今川氏に属していた北条早雲は伊豆の混乱に乗じて東の扇谷上杉定正の手引きにより
韮山城を攻略することに成功した。ここに扇谷上杉と北条の同盟が成る。これにより山内上杉家との対立も一層深まった。また同じくして京都の政権も乱れており、戦国時代の幕開けとなって行く。
1945年 早雲は小田原城を攻略した。
扇谷上杉定実が病死し、領内が混乱の中、早雲は同盟関係を無視し、鹿狩りと見せかけ箱根山中に入った。夜のを待ち、暗くなると牛に松明をつけあたかも大群が小田原城を完全に包囲したように見せかけて扇谷上杉の城を攻め落としたのである。
1510年 上杉軍が越後の長尾為景との戦いに気を取られている間に、早雲は相模へと出陣した。
上田政盛らを寝返らせたり、いくつかの城を攻略した頃、知らせを聞いた扇谷上杉軍がすぐさま南下し早雲を退陣させた。
1512年 早雲は古河公方家 足利高基の支援をもとに再び相模の攻略に着手する。
難攻不落と言われた岡崎城を陥落させ、大庭城も攻め落とし、玉縄城も強制的に没収した。
ここに伊豆と相模を北条早雲が掌握した事となった。ここからは玉縄城主として次男の伊勢氏時を配置して拠点とし関東制圧に乗り出すこととなる。
1518年 北条氏綱 31才で家督を継ぐ
1519年 早雲64才?で 死去
これにより二代目氏綱が小田原城を本城とした。
1524年 氏綱はついに武蔵へと攻め入った。
扇谷上杉勢から太田資高の寝返りにより簡単に江戸城を攻略した。
続けざまに二つの城を攻略した。武蔵南部は北条氏のものとなった。
これに対し扇谷上杉は、山内上杉に応援を要請し、また、甲斐の守護 武田信虎とも協力し
反撃を開始してきた。この猛反撃により氏綱は後の二つの城を返還し、和睦することとなった。
1525年 氏綱は和睦を破り岩付城を再び奪還するが、この時北条家最大の危機が訪れる。
扇谷上杉家山内上杉家古河公方=甲斐武田=真里谷武田=小弓公方安房里見
という反北条包囲網の大連合が成ったのである。氏綱と北条家はまさに四面楚歌に陥った。
しかし、北条方は里見勢からの鎌倉の鶴岡八幡宮襲撃のみであり、
この頃、小弓公方足利義明の間で和睦が成立し、真里谷武田・里見も氏綱と停戦。
現状房総諸勢は包囲網から脱落していたとの見方もある。
1530年 嫡男 氏康15才 扇谷上杉家多摩川河原の小沢原で戦い大勝利を収める。
1533年 房総里見家で内紛が起きた。氏綱は里見義尭を援助したことで北条方に付いた。
また同じくして真里谷武田家でも内紛が起き小弓公方の勢力も弱体化した。
1537年 扇谷上杉家が世代交代するのを見計らいすぐさま武蔵の扇谷上杉本拠地河越城を落し、
三男為昌を城代とした。
同年 今川の世代交代にお家騒動が起こり、氏綱が指示した今川義元家督を継ぐ。
しかし義元は長年北条と共に敵対してきた甲斐武田家の娘を娶り甲駿同盟を結んだ。
この裏切りに激怒した氏綱は今川との同盟も主従関係も破棄し駿河の河東地方へと攻め入り占領した。
また同じくして房総の武田を制圧に里見勢へ援軍を送ったが、逆に反撃に遭い北条は房総を追い出された形となった。
この時、西に強国甲斐武田・今川連合軍、北に上杉、東に足利義明を中心とした房総諸氏と反北条勢に囲まれ、完全に逃げ場を失う事となった。再三の四面楚歌である。
1538年 氏綱はまず包囲網を解く必要があった。利害関係の一致する古河公方足利晴氏へ娘を嫁がせることに成功した。古河公方との盟約を成立させたのである。これで必勝態勢を整えた。
氏綱は氏康と共に小弓公方足利義明・里見義尭連合軍と激戦を繰り広げ大勝利を収めた。
これで北条家は武蔵南部から下総にかけて勢力拡大に成功したのである。
また、関東公方足利氏の内紛も義明の死により足利晴氏が総括となり、氏綱は関東東管領職を命じられ政治的地位も著しく向上する事となった。
また翌年、氏綱は娘を嫁がせていることから御一家の身分も与えられた。
1541年 氏綱 病で死去 享年 55 才  氏康が家督を継ぐ 26 才

戦国時代の始まり

1467年 応仁元年~文明9年(11年間) <strong><em>応仁・文明の乱</em></strong>
東軍 10万  VS   西軍 9万
 細川 勝元       山名 持豊
 畠山 政長       斯波 義廉
 斯波 義敏       畠山 義就
 京極 持清       六角 高頼
 武田 国信       一色 義直
 赤松 正則
将軍の跡継ぎ問題に端を発したこの戦い、京都を中心に繰り広げられた11年という長い戦乱により壊滅状態となった。

大坂城//大阪城

f:id:azumi5117:20181202155552j:plain


築城主:  豊臣 秀吉
建築時期: 豊臣期/1585年 徳川期/1626 復興/1931SRC造                 
別 名:  錦城  金城
城郭構造: 輪郭式平城  平山城
天守構造: 複合式 1585年 連結式望楼型5重6階地下2階  
          1626年 独立式層塔型5重5階地下1階
          1931年 独立式望楼型5重8階
改修者:  徳川 秀忠 
主な城主」:豊臣氏・奥平氏・徳川氏
指定文化財:国の重要文化財(櫓・門など)
      登録有形文化財(再建天守
      特別史跡
私、永年堺で育った者が大阪城の魅力を一言でゆうならば、何と言っても現存する堀!石垣、一枚岩ですね。
小学生の頃、また年を重ねて事実を知ってまたビックリしました。
あの広い大きな堀が内堀で、外堀はもっと広く大きなものであったという事実。
「そんなにでかかったん!日本の本州のど真ん中に君臨してるやん!」って思いましたね。
大阪に住んでいると、学校の遠足やコンサート、イベント等で度々訪れる機会があります。

 

f:id:azumi5117:20181202154229j:plain

 


これが現在の大阪城公園ですが、十分にでかいです。
当時の日本人が本来のお城を見るならば攻めようなんて思ったのが不思議・・・
建築当時は今と違ってまさに「烏城」真っ黒で壮大な出で立ちでしたしね。




和歌山県加太 友ヶ島

f:id:azumi5117:20181004180618j:plain

前々から行ってみたかった友ヶ島!!5月、遂に上陸してきました!朝の9:00に和歌山県加太港から出ている「友ヶ島汽船http://tomogashimakisen.com に並ばせて貰いました。連休という事もあって、100人程並んでいました。連絡船は2隻出ており、最初に乗れなくても幾分も待つことなく舟に乗る事が出来ました。結構ぎゅうぎゅう詰めでしたね(笑)。30分無いくらいかな、100人乗りの大きな連絡船なので揺れも少なく、水しぶきを時より掻き上げたら観光客からキャッキャと歓声をあびながら軽快に目的地へ。

f:id:azumi5117:20181004181533j:plain

f:id:azumi5117:20181004181558j:plain

f:id:azumi5117:20181004181646j:plain

f:id:azumi5117:20181004181722j:plain

到着しました!!これが島の玄関口!と桟橋です。島に下り立った瞬間にみんな蜘蛛の子散らすようにぞろぞろと気の向くままに島の奥へと消えて行き、気がつけば「あれ!みんな何処へ行ったんや・・・あんなにおったのに・・・」ってゆうくらい閑散としていきました。1人で行ったのですが、各それぞれの観光スポットで案内を見ながら「この先はまだだいぶありますか?」や、「ここ崩れそうで怖いですね」や、「景色最高ですね」なんて話したり・・・予想外だったのはなんせ本当の島。山登りの格好でもいいくらいやった。せめて靴はそれなりの靴で来ないと本当にしんどい・・・疲れる。着いてから一日中歩いた。9:00~最終の16:30まで歩き続けて丁度くらいだった。天気はそんなに良くなかったけど、悪くもなかったので丁度良かったかも。汗もかいたし・・・かなり歩いたので気持ちが良かった。たくさんの人とも話せたし、1人で来ている人も多かった。キャンプも出来るみたいだね。

f:id:azumi5117:20181004182847j:plain

f:id:azumi5117:20181004182905j:plain

たった一件だけ「海の家」もあったし。(ごめんなさい中は覗かなかったです)宿泊と軽食は出来そうな感じでしたよ。

f:id:azumi5117:20181004183106j:plain

ちょっと離れた離島。繋がってたんだろうね。潮が満ちたら帰れなくなると思うよ。渡ってみたけど一面の草むらで上がり口が分からない・・・この先地図には祠か鳥居かがあるような事が書かれていたけどちょっと諦めた(笑)見ての通りたくさんの人が下り立ったわりには撮る写真撮る写真少数の人しか写らないくらいの島。思ったより大きいんだろうね。こんなに前後左右崖岩とは思わなかったけど。

f:id:azumi5117:20181004183616j:plain

過去の史跡、砲台跡は年期が入っててそろそろ危ない感じがしました。いくつかある中で既に立ち入り禁止区域もありましたね。でもまた何度か行きたい思を持ちながら島を後にしました。       最後まで読んで頂き有り難う御座いました。

歩くウォーキング

f:id:azumi5117:20180902100112j:plain

西洋の城も大変ご立派です。でもやはり日本の城は美しいですね!白と黒のコンストラクションが良いのかな~。それとも山の上、若しくは丘や高台の上やからかな。石垣も多種多様で野面積み・乱積み・布積み・算木積み・亀甲積み・打ち込みハギ・切り込みハギなんかがあって各それぞれの城によって違います。土地の質や条件、平城なのか山城なのか。平城で見栄え重視なら算木やね。あと、全てが人力手作業で、そこにはたくさんの工夫や知恵、経験による職人技がふんだんに披露されていたと思うと、いや~一日中、一年中見ときたいわ(笑)。長い年月をかけて築城して行くにあたって途中攻められて落城した城もあったやろうし、中にはもったいない城もめちゃくちゃあったやろうな~って思う。築城途中で「え~い!そこは適当にやっとけ!」みたいな箇所ってあったんやろか。今残っているのは現存天守12。勿論改修や補修はしてきてるけど、手抜きが多かった城は落城したか朽ち果てたんやろね。と言う事はやっぱり現存してる天守は築城当初の大名や藩主も相当な信頼があって匠達も命をかけて人生かけて打ち込んだんやろうね。それを考えると泣けてくる。今の経営者に居てるんやろか。若しくは頭領にそんな人望ある人居てるんやろか。その辺も含めて古き良き時代やね。芯になる、基礎になる大木も信濃木曽地方から多く取り寄せたと聞いています。地方によっては勿論そんなに大きな大木、御神木となっていた事でしょうから・・・・映画での交渉は端的に質素にまとめられていましたが果たして・・・ですね。(森のかけら(株)大五木材さんのブログにて詳しく書いて下さっています「安土城、開城せり」)「火天の城」私も映画館に足を運びました。城好きからしたらたまらない映画でした。いつもより目が見開いてたと思います(笑)。その前のの「ぼうの城」「清洲会議」なんかも最近では本当に面白かったです。それと「関ヶ原岡田准一さんは黒田勘兵衛の時から好きだったので違った三成を拝見させて頂きました。石田三成と言えば「天地人」の小栗旬がなかなか記憶に残っていて・・・いささか脱線してしまったのでお城の話へ戻ります。城郭の外見から本丸へ向かう通路を「武者走り」と言うんですね。これはやっぱり姫路城ですかね。姫路城は外から入るまでの風格に圧倒されますね。あと、彦根城も天秤櫓前の廊下橋(落とし橋)と言う発想に感動しました。場内にそういったトラップをしかけるか~って。そういった状況を想像させられました。さすが戦の城と唱われた城ですね。そこから天守へ入る訳ですが、福井の丸岡城は階段がなかなか急でしたね。入っても上に上がる階段がほぼ90度。綱をもってわずかなかかりに足を乗せて上がりました。「これ昔の人着物着てて上がれたんか?」と思うくらいでしたね。